2014.06.18 Wednesday

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    2014.05.28 Wednesday

    ディストリビューションをxubuntu14.04にした理由

    0
      なにせ、8年前の古いパソコンなので、スペックはそれほど高くない。





      よく、linuxは低スペックでもサクサク動くようなことをwebでは書いてある。
      しかし、実際入れてみると、動作がもっさりしたり、アプリが固まったり…
      特に、アプリをインストールするのに頻繁に使う「ソフトウェアセンター」は重い…

      まず、ubuntu14.04を入れてみた。
      インストールはできたが、動作が重い。
      webの表示も遅い。
      即座に却下!

      次に、linuxmint 13 mateを入れてみた。
      今度は軽快!
      しかし、3日後にGUIが立ち上がらなくなる。
      (ttyではログインできるが、なぜかGUIのログイン画面でログインできなくて、画面が黒くなってしまう)

      その次に、xubuntu14.04を入れてみた。
      軽さと安定性を期待し、2年前の12.04を入れたかったが、isoファイルが見つからず。
      心配をよそに、「意外と」ちゃんと動く。

      ということで、xubuntu14.04をしばらく使ってみることにした。
      2014.05.26 Monday

      2つのパソコンで1組のディスプレイ・キーボード・マウスの共有

      0
        現在、事務所の私の机では、2台のデスクトップパソコンと1台のノートパソコンが動いている。
        2台のデスクトップには、それぞれwindows vistaとxubuntuが入っている。
        windows XPのサポート終了で、パソコンの入れ替えをして、余ったパソコンが私のもとに来たためだ。

        2台のデスクトップパソコンを使うには、通常2組のディスプレイ・キーボード・マウスを机の上に置かなければならない。

        2組置ける広い机は使っていないので…

        そこで、エレコムのディスプレイ切替器(分配器)を利用している。
        (古い機種なので、マウスがPS/2タイプなので、さらにPS/2/USB切替器も使用している)

        パソコンの切り替えは"shift+ScrollLockを2回押しで、簡単に切り替えられる。

        しかし、難点が1つ。
        パソコンの電源を入れるとき、そのパソコンに切り替えていないと解像度が読み込めないらしく、正常な解像度で表示できない場合がある。
        最初、原因がわからなくてびっくりしました…(^^;)


        webをみていると、XPサポート終了後はlinuxを入れましょう!という記事をよく見かける。
        しかし、windowsではできても、linuxではできないことが多い(逆の場合もある)。

        しばらく、xubuntuを使ってみて、どこまで業務利用ができるか、を自分の仕事でテストしてみたい。

        2014.05.24 Saturday

        linuxmint16のUSBブート導入

        0
          最近、事務所でxpサポート終了のおかげでパソコンの入れ替え作業をして(大変でした・・・)、余ったPCにxubuntuをいれ、活用し始めたので、自分のノートパソコンでもubuntuを動かしたくなり、トライしてみた。
          ノートパソコンにはwindow7が入っていて、そのまま使いたかったので、外付けストレージへのインストールに挑戦。
          ubuntuは、今大人気のlinuxmint16 cinnamonにしました♪


          最初、SDカードで試みたが、起動せず・・・
          今回は、USBメモリでやってみた。

           1.用意するもの
          USBメモリ×2個(Live CD(USB)用、インストール先用)
          パソコン

          2.Live CD(USB)の作成

          isoファイルのダウンロード
          http://www.linuxmint.com/oldreleases.php
          から、好きなバージョンのlinuxmintをダウンロード。

          UUI(Universal USB Installer)でLive CD(USB)の作成
          http://www.pendrivelinux.com/universal-usb-installer-easy-as-1-2-3/
          から、UUIをダウンロード。
          ディストリビューションの種類とisoファイルの場所、USBのドライブを指定して、作成。

          3.もう1つのUSBメモリへのインストール

          biosの設定
          電源を入れ、F2連打でbiosの起動。
          外付けUSBからbootするように設定。
          2.で作ったLive CD(USB)をパソコンに挿してlinuxmintを起動。

          △發Γ韻弔USBメモリをパソコンに挿して、フォーマット
          今回、64GBのUSBメモリを用意したが、linuxmintでFAT(32)でフォーマット。
          ※その他のフォーマット形式ではbootできないとのこと。
          アプリの「disk」を起動し、ドライブ名を確認(今回は、/dev/sddだった)。

          ▲妊好トップのlinuxmint installを起動。
          /dev/sdd(全体)にlinuxmintをインストール。
          ※間違っても、windowsの入っているHDDにインストールしないように!!

          0戝凝展札フ

          Live CD(USB)を抜いて、電源ON
          無事、linuxmintが立ち上がれば成功です。

          4.まとめ
          今後は、USBメモリがHDDの代わりになります。
          USBメモリはなるべく容量の大きい物が良いと思います。


          ★最初にインストールするアプリ
          ・ibus-mozc(日本語入力)
          ・sysinfo(システム情報表示)
          ・shutter(スクリーンショットアプリ)
          ・leafpad(テキストエディタ)

          安定的に使えるかな?
          2012.08.19 Sunday

          xubuntu12.04のハイバネートを有効にする

          0
             xubuntuが12.04にアップグレードされてから、xfce電源管理で「ハイバネート」が設定できなくなった。

            ノートパソコンの場合、蓋を閉じた時の電源設定を「サスペンド」にすると、使っていない間にバッテリーが減ってしまう。

            調べてみると、エラーが出るためにハイバネートの廃止がされたようだが、出来れば欲しい機能…

            ブログ等でハイバネートを有効にする方法が紹介されていたが、うまくいかない場合もあり、僕ができた方法はこれ。


            ターミナルを使用して、ファイルマネージャ thunarを管理者権限で開く

            sudo thunar

            thunarで
            /etc/polkit-1/localauthority/50-local.d
             に移動する。

            ドキュメントの作成で
             com.ubuntu.enable-hibernate.pkla
             という空のドキュメントを作る。

            今作成したドキュメントを右クリックして Leafpadで開く下記のテキストを貼りつけて上書き保存する。

             [Re-enable hibernate by default]
            Identity=unix-user:*
            Action=org.freedesktop.upower.hibernate
            ResultActive=yes


            これでハイバネートが有効になったことを確認した上で、
            xfce電源管理内のリストボックスにハイバネートが選択できるようになっているので、好みの設定ができます。

            これで、カバンからPCを出したら「電池がない」という事態が防げそうですね。
            2012.08.18 Saturday

            xbuntu12.04のパネル内のアイテムの整理

            0
              xubuntu12.04で、ubuntu風にアプリケーションランチャーDockyを使っていたが、いまいちクラッシュが多い。

              ということで、パネルを画面左側に垂直に立ててDocky風にして使っている。

              ところが、一つ問題が…

              ゴミ箱をパネルの下部に他のランチャーと離して設置したいのに、うまくできない。

              いろいろ調べてみると…

              アイテムの「仕切り」に使われる「セパレーター」の設定に秘密が。
              セパレーターを右クリックしてプロパティを表示。
              外観の設定画面が出る。
              □拡張する
              にチェックを入れる。

              すると、アイテム間にセパレーターを置けば、上下(左右)にアイテムが離れる。

              細かい話ではあるが、なかなか気が付かない。

              参考URL
              http://www.geocities.jp/en_sol_majeur/site00/pc01/07.html
              2012.04.03 Tuesday

              xubuntu

              0
                古いノートパソコンがあったので、ubuntuをフルインストールして使っていましたが、最近調子が悪い…
                文字(フォント)が欠けて表示される。

                メモリ不足とアタリをつけ、xfceをインストール。
                動きが軽くて快適。

                ということで、このPCにはxubuntuが合っている、ということで、xubuntu10.04LTSのisoディスクを作って、クリーンインストール。

                しか〜し、ubuntu11.10に慣れている僕には古すぎる。
                mozcは導入できないし、office suiteもooo。

                ま、この不便さを少し楽しんだ後、やはり、LTSは見離し、アップグレード。

                現在、作業中…

                今は、xubuntu10.10…
                2012.03.31 Saturday

                Stellarium

                0
                  夜走ることが多い僕は、晴れた日には星空を観察していることが多い。

                  有名な星座は分かるけど、知らない星や金星などの惑星は後で調べないとどの星なのか分からない。

                  そういう時に便利なのがStellariumuというプラネタリウムソフト。

                  地域や時刻を設定すると、そのとき見えた星空を再現できる。
                  星の名前や星座、惑星、人工衛星も表現してくれる。
                  そして、何よりも「美しい」。

                  気分転換に眺めるのにいいね!!

                  2012.03.30 Friday

                  windows7セットアップ

                  0
                     新しいPC(windows7)のセットアップ作業をする。
                    今回の一番の目的は、今までXPで動いていた業務ソフトのSQLserverの安定化。
                    動作が遅くなり、タイムアウトすることが多く、不安定となっていた。

                    昨日組立作業をすると、早くも「ケチ」がついてしまった。
                    キーボードのプラグがうまくささらない…

                    ようやく無理やり押し込み、電源を入れると…
                    キーボードが認識されない(American Megatrend)。
                    プラグを確認すると、ピンが1本折れていた。

                    カスタマーセンターに電話して(繋がるのに20分ほどかかった…orz)、新しいキーボードを送ってもらうことに。
                    保証期間の始期前の故障とは…

                    今日は、予備のキーボードを接続し、セットアップをする。
                    windows7のセットアップは順調。

                    次に、業務ソフトのインストールをする。
                    インストール中にSQLserverが64bitに対応できないといったメッセージが出る。
                    嫌な予感…
                    プログラムを立ち上げると、エラーメッセージが出て、正常に立ち上がらない。

                    サポートに電話すると、SQLserverが64bitのPCに対応しないとのこと。
                    対応時期も未定。
                    結構掛かりそうなことを言う。
                    これじゃ、新しいPCを買った意味ないじゃん!!

                    仕方がないので、僕のデスクトップ(vista32bit)に業務ソフトのデータベースを持つことにした。

                    うちの事務所では、基本的には、クライアントPCにはデータを持たせない。
                    ひとつのPCにデータを集中させないと、管理しにくいし、メンバーやPCの入れ替えも面倒だからだ。
                    それにクライアントPCの調子が悪いときは、リカバリしてしまえば良い。

                    まず、vista32bitで、業務ソフトの初期設定で自分のPCのSQLserverを選択して登録。

                    今までのデータをリストア。

                    ほかのクライアントのSQLserver設定をvista32bitに切り替えて、作業終了。

                    その他、問い合わせをすると、64bitPCは業務ソフトのクライアントにも対応しないとのこと。
                    これでは、古いPC(XP)を今回のwindows7に置き換えできないよ!!

                    午後になると、なぜかXPにつながっているプリンタ(canon)がネットワーク上の一部のPCでオフラインになってしまう。

                    業務終了後、今回のPC入れ替えのついでに、XPにつないであったプリンタをwindows7につなぎかえ、各クライアント側での共有作業をする。

                    調べると、vistaは、今までのドライバでは、64bitのドライバをもつPCとは共有できず、古いドライバをアンインストールし、新しいドライバーをインストール。

                    http://cweb.canon.jp/e-support/faq/answer/cpp/54004-1.html

                    プリンタの共有で、¥¥(パソコン名)¥(プリンタ名)のパス名を指定(認識できていれば¥¥(パソコン名)¥と入力した時点でプリンタ名が出てくる。

                    一方XPは、なぜかドライバの入れ替えは必要なし。

                    実は、ネットワーク上にはwin98SEがつながっているが、win98SEはvista以上のPCとはファイル共有ができないとされている。
                    まあ、プリンタ共有もできないかもしれない…

                    今日はここまで。
                    2011.11.09 Wednesday

                    ubuntu11.10にEIOfficeをいれてみた

                    0
                      「Linux OSであるubuntuで社会保険労務士の仕事ができるか?」
                      を、やってみている。

                      今まで長年windows環境で仕事をしていて、ちょっと飽きてきたかな?

                      で、ubuntuをwibiでインストールし、仕事が可能か試している。

                      sambaでの他のwinコンピュータとのファイルのやり取りはOK。
                      ネットワークプリンタも、LBP3500には少し苦労したが、OK。

                      あとは、MSwordやexcel、accessで作った膨大なファイルの読み書きをどうするか?

                      レイアウトをあまり気にしないものは、Libreofficeで問題なし。

                      問題は、省庁のHPからダウンロードしてきた申請書類(様式)。
                      これは、レイアウトが崩れては困る。
                      Libreofficeでは、今のところ複雑な表組みや特殊文字などの再現性が厳しい。

                      ということで、Linuxで動くEIOfficeを買ってみた。



                      CD内のreadme.txtを読みながらインストールを試みたが、setupというファイルが動かず。
                      サポートにメールで問い合わせをすると、回答が返ってきた。

                      -----

                      手順1
                      EIOfficeインストールプログラム内の「EIO_setup」→「linux」フォルダをデスクトップにコピーします。

                      手順2
                      「アプリケーション」→「アクセサリ」→「端末」を開いて下記コマンドを入力してください。

                      cd デスクトップ/linux
                      chmod +x setup
                      chmod +x setup.sh
                      sudo ./setup
                      (コマンド間のスペースをご注意ください。)

                      手順3
                      上記コマンドを入力すると、インストールウィザードが起動しますので、手順に従ってインストール作業を行ってください。

                      -----

                      ようやく、インストール完了!

                      早速複雑な様式(excel file)を開いて試してみると…

                      Linux上には、MSゴシックやMS明朝がないので仕方がないが、MSフォントで書かれた文字が「EIゴシックーB」または「EIPゴシックーB」(MSフォントがない環境のために、独自に作ったフォントと思われる)に置き換わっていても、うまく再現されていない。

                      「互換性No.1」のEIOでも、フォントについては厳しいようだ。
                      その他の再現性は、さすがにLibreofficeよりも上。

                      やはり、難しい書類は無理なようだ…

                      時間があるときに、対策を考えてみよっと。
                      2011.10.27 Thursday

                      ubuntu11.10でのcanon LBP3500使用など・・・

                      0
                        ubuntuで事務所で仕事ができるか、試している。

                        sambaインストール
                        Mozcインストール(anthyでは、お話にならない)
                        evolution設定
                        Skypeインストール
                        一応、adobe readerインストール(タブブラウズができないと仕事に支障が出るので…)

                        ときて、

                        LibraOfficeはすでに入っていて、Word、Excelには対応するとして・・・

                        一番の問題は、外部機器との接続。
                        事務所ではプリンター2台を使っている。
                        canon LBP3500(A3モノクロレーザー)
                        epson EP-302(A4カラーインクジェット)

                        まず、canon LBP3500から。

                        canonのHPから、Linux用のドライバーをインストール。
                        解凍して、Debian用のドライバー(2つ)をUbuntuソフトウェアセンターでインストール。
                        cndrvcups-common_2.30-1_i386.deb
                        cndrvcups-capt_2.30-1_i386.deb

                        ここで、問題発生。
                        「依存関係が満たせません gs-esp」
                        のメッセージが出る。

                        要するに、gs-espというソフトがないと、ドライバーがインストールできないということ。

                        linuxのようなopen souceの世界では、今までに開発されたsouce≒ソフト(パッケージ)を利用して新たに開発したsouceを書いてソフト開発しているわけで、今までに開発されたソフト(パッケージ)がPCに導入されていないと、後に開発されたソフトは動かない。

                        で、探す。
                        しばらく・・・

                        GUIオンリーの僕でもできそうなサイトを発見!

                        https://launchpad.net/ubuntu/natty/+package/gs-esp

                        このサイトの下部の
                        gs-esp 8.71.dfsg.2-0ubuntu7 in amd64 (Release)
                        をクリック。

                        Downloadable filesの
                        gs-esp_8.71.dfsg.2-0ubuntu7_all.deb (37.5 KiB)
                        をダウンロードして、Ubuntuソフトウェアセンターでインストール。

                        再度Debian用のドライバー(2つ)を
                        cndrvcups-common_2.30-1_i386.deb
                        cndrvcups-capt_2.30-1_i386.deb
                        の順でUbuntuソフトウェアセンターでインストール。

                        プリンターの追加作業をして、無事終了。



                        一方、epson EP-302の方は、Ubuntuのデータベースのドライバーでは正常に動かず。

                        仕方がないので、アヴァシスのHPからダウンロードしてくる。

                        こちらは、ダウンロードしたものをそのままUbuntuソフトウェアセンターでインストールし、新しく表示されるドライバーでプリンターの設定をすれば動く。

                        windowsユーザーは、外部機器を買った時にはCD ROMなどでドライバーが付属しているが、linuxはマイノリティなので、自分でドライバーを探してこなくてはならない。

                        ここら辺が、ubuntu等のlinux OSがいまいち普及しない原因だと思う。
                        外部機器のドライバー整備ができないと、爆発的な普及はできない(一部の「人柱」的なパソコン知識のあるマニアにしか受け入れられない)。

                        linuxベースのandroidoが将来的にぶつかる壁は外部ディバイスではないだろうか。
                        タブレットが普及する中で、プリンターやスキャナーとの外部ディバイスとの連携が厳しいと、windowsにシェアを奪われてしまう。


                        僕の周りでは、あと、問題はスキャナー(canon)が動かない。
                        これは、canonでもlinux対応のドライバを公開していないので、難しいかも・・・

                        これは、またぼちぼち研究してみたい。
                        Calendar
                          12345
                        6789101112
                        13141516171819
                        20212223242526
                        2728293031  
                        << October 2019 >>
                        PR
                        amazon
                        Selected Entries
                        Categories
                        Archives
                        Recent Comment
                        Recent Trackback
                        Recommend
                        Links
                        Profile
                        Search this site.
                        Others
                        Mobile
                        qrcode
                        Powered by
                        30days Album
                        無料ブログ作成サービス JUGEM