<< 「はじめてクロール」 | main | はじめてバタフライ >>
2014.06.18 Wednesday

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    2009.04.23 Thursday

    Skypeの業務活用

    0
       最近、Skypeの業務活用を試している。

      どういうことかといえば・・・


      まず、顧客への電話連絡にSkype Outを使っている。
      以前は、ディレイ(音声の遅れ)がひどく、話しづらかったため業務への利用は見送っていたが、最近改善された様子。

      で、業務活用する気になったわけ。

      1カ国限定プラン」を利用すれば、実質国内へはかけ放題!!

      顧客の電話番号リストをExcelで作っているが、「Skype office toolbar」(アドイン)を導入すれば、リスト内の電話番号が自動認識され、ワンクリックでSkype Out経由で発信してくれる。

      これは、非常に便利!!
      なぜなら、相手の電話番号をいちいち番号ボタンで押さなくて済むからだ。
      また、特別に電話用のアドレス帳の作成作業をしなくてもよい。
      短縮番号登録などの手間も不要!!

      しかし、問題もある。

      Skype Inの番号を持っていて設定しても、「発信者番号通知」がうまくいかず非通知となり、相手の電話が「非通知ガード」をかけているとつながらない・・・(そういう相手は、リストを塗りつぶしている)
      仕方がないから、そういう顧客には普通の電話でかけなおす羽目になる。

      ちなみに、ヘッドセットは使用せず、ELECOMのMS-PH99UBKを使っている(せっかくボタンが付いているが、ドライバーがうまく動かず画面での操作しかできない)。
      長い通話がそれほどないため、ヘッドセットでは脱着が面倒なため。

      業務での利用が進んできたら、もうちょっといいやつを使おうと思っている。


      もう一つは、エクストラと呼ばれるSkype連動ソフトで、「Pam Fax」の利用。

      通常、パソコンで原稿を作った書類をファックスで送るためには、紙にプリントアウトしなければならない。

      しかし、このソフトを使えばSkype経由で直接相手ファックスに送信できる(有料)。

      ペーパーレスで地球にやさしい。
      ごみが出ない。

      欠点は、ソフトの起動が遅い点。
      いちいち起動前に通信するようで、時間がかかる。

      もう一つは、上記のように電話番号リストが使えず、いちいちファックス番号を入力しなければならない点。


      今のところ、僕のSkypeアカウントを顧客に知らせていないし、顧客のSkype普及度は低く、必ずしもパソコンに向かって仕事をしている方ばかりではないので、Skype アカウント同士で通話するようなことはないが、今後はそうした「本来の」使い方が増えてくる可能性があるかもしれない。
      2014.06.18 Wednesday

      スポンサーサイト

      0
        コメント
        コメントする








         
        この記事のトラックバックURL
        トラックバック
        Calendar
          12345
        6789101112
        13141516171819
        20212223242526
        2728293031  
        << October 2019 >>
        PR
        amazon
        Selected Entries
        Categories
        Archives
        Recent Comment
        Recent Trackback
        Recommend
        Links
        Profile
        Search this site.
        Others
        Mobile
        qrcode
        Powered by
        30days Album
        無料ブログ作成サービス JUGEM