2014.06.18 Wednesday

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    2014.06.18 Wednesday

    xubuntu libreofficeでの印刷設定

    0
       プリンタによっては、libreofficeでの印刷がなかなかうまく行われない場合があります。

      うちの事務所では、プリンタはキヤノンのLBP3500と、エプソンのEP-302を使っています。
      libreofficeで作ったドキュメントが、EP-302では印刷できるのに、LBP3500では、印刷できたりできなかったりして、調子が悪い状態でした。

      いろいろ調べてみると…

      他のアプリでは印刷ができるのに、libreofficeでは印刷ができない場合には、この印刷設定を確認すると良いと思います。

      ファイル→プリンタの設定→プロパティ→「デバイス」タグ内の「印刷の言語の種類」をPostScriptに設定。



      なお、PDFに対応しているプリンタでも、PsotScriptの設定のままで印刷はできますので、プリンタを使い分けるとき、設定を変える必要はありません。
      2014.06.18 Wednesday

      郵便番号変換

      0
         Mozcの設定で、郵便番号変換にチェックが入っているにも関わらず、郵便番号変換ができません。



        調べてみると、自分で郵便番号辞書をインポートしなければならないようです。

        1.辞書のダウンロード
        Vectorで郵便番号辞書がダウンロードできます。
        http://www.vector.co.jp/download/file/data/writing/fh631952.html
        「ハイフン無し」の方をダウンロードします。

        2.アーカイブマネージャーで展開
        ダウンロードしたファイルを、アーカイブマネージャーで展開します。



        3.辞書ツールで辞書をインポート
        パネルに表示されているキーボードマークを右クリックし、「Mozcツール」→「辞書ツール」で「Mozc辞書ツール」を起動します。
        「管理」→「新規辞書にインポート」で先ほど展開した「140530_K.txt」をインポートします。


        2014.06.13 Friday

        xubuntuの起動時にNum Lock(ナンバーロック)がonにならない

        0
           xubuntu14.04では、ログイン時にNum lockが有効になりません。
          デスクトップパソコンで使う場合には、いちいち自分でonに操作しなければならず、忘れるとテンキーが矢印キーとして機能し、入力時に「???」となります。

          そこで、Numlockxというアプリをインストールします。

          AppGridで、「Numlockx」を検索。
          インストールします。

          再起動後は、ログイン時にNum Lockが有効になります。
          2014.06.12 Thursday

          xubuntuのフォルダ共有

          0
            xubuntu上のフォルダをネットワークにつながっている他のコンピュータと共有します。

            昔は共有したいフォルダを右クリックすると、「共有」というメニューが出て、簡単に共有フォルダが作成できたと思うが…

            1.system-config-samba(アプリ)のインストール
            Synapticパッケージマネージャーでsystem-config-sambaを検索してインストール。



            2.system-config-sambaの起動
            $ sudo systemu-config-samba
            (パスワードを求められます)

            3.samba共有の追加
            左上の「+」ボタンを押します。



            「samba共有を作成」ウィンドウが開きます。
            .妊レクトリに共有フォルダを指定します。



            ◆崕颪込み」「可視」にチェックを入れます。
            「アクセス」タブを開き、ネットワーク上のすべてのコンピュータと共有したい場合は、「誰でもアクセスを許可する」を選びます。



            これで、共有フォルダが作成されました。

            ネットワークにつながっている他のwindowsーPCからも、共有フォルダへアクセスできます。
            2014.06.11 Wednesday

            xubuntuにLXDEをインストール

            0
               ubuntuには軽量ディストリビューションとして、xubuntuとlubuntuがあります。
              現在xubuntuの方を使用しているが、lubuntuの方が更に軽量らしい。

              今の低スペックマシンでは、xubuntuでもlibreofficeを使っている時など微妙なもっさり感を感じる時があります。
              例えば、カーソルの移動にストレスを感じたり、文字変換が遅れたり、印刷ジョブの処理に時間がかかったり、というレベルですが、お仕事で使うので気になります…

              ということで、今回はLXDEを入れてみることにしました。

              App Gridの検索窓に「LXDE」と入力して、インストール。
              再ログインして、セッションを切り替えて使ってみます。

              軽快そのものです!
              うちの低スペックマシンでは、明らかに違いがわかります。
              マウスポインタの移動レベルでも、サクサク感が分かります。
              ということで、一目惚れです。

              ただ、デザイン的にはxubuntuの方が気に入っているので、速さを損ねないようにカスタマイズします。
              (xubuntuのartworkを気に入っている方、多いはず!)

              1.壁紙をxubuntuのものを使用
              xubuntuの壁紙は
              /usr/share/xfce4/backdrops
              に入っています。
              場所さえわかれば、lubuntuでxubuntuの壁紙が利用できます。

              2.メニューボタンのアイコンの変更
              xubuntuの「ねずみ」のマークは
              /usr/share/pixmaps/xubuntu-logo-menu.png
              です。
              これをデフォルトのものから変更します。

              これだけでも、かなりxubuntuの雰囲気が出てきました!



              LXDEは、windows xpからの移行には一番良いのではないかと思います。
              低スペックマシンでもサクサク動くし、パネルのデザインもxpのタスクバーに似ていますので、違和感がありません。

              この環境でしばらく使ってみることにします。

              2014.06.11 Wednesday

              xubuntuのパネルにfirefox・端末・ファイルマネージャーのランチャーを追加

              0
                 自宅のノートパソコンでは、USBメモリにインストールしたlinuxmint(cinnamon)を使っています。

                cinnamonにあって便利なのは、パネル(windowsでいう「タスクバー」)にあるfirefoxと端末、Homeフォルダのランチャー。
                デスクトップにあるランチャーは、開いているウィンドウに隠れて押しにくいですよね…

                xubuntuにはないので、作ってみます。

                バネルを右クリックして、「パネル」→「新しいアイテムの追加」で「新しいパネルの追加」を開きます。



                アプリの場合は、「ランチャー」を選んで、「追加」ボタンを押します。



                すると、パネルの一番右側にランチャーが作成されます。
                ランチャーを右クリックし、「+」ボタンを押し、アプリを選びます。
                アプリは複数選ぶこともできます。私の場合は、firefoxと端末、libreofficeを選んでいます。

                Homeフォルダの場合は、「場所」を選びます。

                アプリケーションメニュー(windowsでいう「スタートボタン」)脇へはドラッグ&ドロップで移動できます。

                便利になりました!
                2014.06.09 Monday

                xubuntuのスタートアップにアプリを追加

                0
                   OS起動時に自動的に開始するアプリを追加したいことがあります。

                  windowsでは、「スタートアップ」フォルダに、起動したいアプリ(exeファイル)のショートカットをコピー&ペーストします。

                  xubuntuでは、設定マネージャー→セッションと起動→自動開始アプリケーション で設定します。



                  表示されるアプリケーションのリストにないアプリを追加するためには、下部に表示されている「追加」ボタンを押します。
                  アプリの場所は、ほとんどの場合、/usr/bin に格納されていると思います。



                  今回は、shutter(スクリーンショットアプリ)をスタートアップに追加しました。

                  2014.06.04 Wednesday

                  HOMEフォルダのUSBへのバックアップ

                  0
                     ubuntuの記事を見ていると、色々いじっているうちにログインできなくなった、とか、アップデートしたらOSが立ち上がらなくなった、といった記事を見かけます。

                    トラブルに備える必要があるかも…

                    ということで、2つのルールを決めました。

                    1.コンピュータにファイルを保存するときは、必ずHOMEフォルダ内にすること
                    2.定期的にバックアップを取ること

                    今のところ、バックアップを取る方法は

                    HOMEフォルダ内を全選択(Ctrl+A)してマウスを右クリックし、「送る」→○GBボリューム(USBメモリ)



                    でやっています。

                    2014.05.29 Thursday

                    プリンタ(Epson EP-302)横向き印刷すると、windowsと比べて印刷方向が左右逆になる

                    0
                       仕事柄、書類に付箋を貼って「←ここに印鑑を押してください」と示すことがあります。

                      Libreoffice calcで原稿を作り、台紙に付箋を貼り、付箋に印刷します。

                      xubuntu+Libreofficeで「できるかな?」と試してみると…
                      なんと、印刷方向が「左右逆」ではありませんか!!

                      これは、ちょっと困ります…

                      なぜかといえば、印刷方向が逆だと、プリンタ内で付箋がめくれてしまい、用紙がインクで汚れてしまうから。

                      こういう、ちょっとしたところで使い勝手が決まってしまいます。

                      プリンタの設定を見てみると…

                      設定マネージャー→プリンター→対象のプリンターのプロパティ→プリンターオプション



                      で、「Orientation」を180度回転を「Off」から「On」に設定したら、印刷方向が今までと同じになりました。
                      2014.05.28 Wednesday

                      windowsのフォントをxubuntuに移植

                      0
                         お客とのファイル(主にPDF)のやりとりに利用できるか?
                        お客は古いパソコンを大事に使っているケースがあり、MSゴシックやMS明朝でなければPDFで渡しても文字化けしてしまう場合がある。
                        ということで、Libreoffice等でMSフォントが使えるように、xubuntuに移植をする。

                        1.Windows側からフォントの取り出し

                        Windowsのフォントの場所
                        C:¥windows¥fonts

                        USBメモリに必要なフォントをコピー&ペーストする。

                        2.xubuntuに移植

                        HOMEディレクトリに「.fonts」フォルダ(隠しフォルダ)を作成
                        Ctrl+Hで隠しフォルダを表示
                        USBメモリからコピー&ペースト
                        xubuntuを再起動

                        3.Libreoffice writer等でフォントが選択できるかどうかを確認。

                        みごとフォント欄に「MSゴシック」が表示されました!



                        またこれにより、フォントの違いによるレイアウト崩れも防ぐことができるかもしれません。
                        Calendar
                           1234
                        567891011
                        12131415161718
                        19202122232425
                        262728293031 
                        << March 2017 >>
                        PR
                        amazon
                        Selected Entries
                        Categories
                        Archives
                        Recent Comment
                        Recent Trackback
                        Recommend
                        Links
                        Profile
                        Search this site.
                        Others
                        Mobile
                        qrcode
                        Powered by
                        30days Album
                        無料ブログ作成サービス JUGEM